2017 081234567891011121314151617181920212223242526272829302017 10

TOP > CATEGORY - 駄文(小説)

スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


THEME | GENRE |
スポンサー広告

COMMENT LIST

復活!!! 死ぬ気で消火活動!!! 

これも ひよこ屋 様から借りてきたお題。

泉語りの浜泉小説(のつもり)です。

お題がおんまり関係ない気もしますが、そこはスルーで。

途中でほんの少しちーちゃん(千種)の話になるし…
泉がハンバーグ好きって設定だし…
いろいろ変です。
泉が自覚なしだったりね。







ミーンミンミンミンミン…



「あーつーいー…蝉うるさいー…」

「夏だから当たり前だろ。バカ?」

「酷いよー。」

「ウゼェ。」



いつもみたいに蝉の声を聞きながら、
誰もいない道をこのバカとふたりで自転車を押して歩く。

あんまり言わないけど…結構楽しい。
(前にコイツにそう言ったらなぜか、気持ち悪いくらいの満面の笑みで
『どうした?!どっかで頭うったのか?!お前がそんなこと言うなんて…!』
って言われた。…なんでだ?)

叶うわけないのに、
『このまま時間がとまればいい』
なんて願ってしまう。…らしくない。

こんなことを考えてるってコイツが知ったら絶対バカにされるだろうな。

…いや、こいつだったら喜ぶか。ウザいくらいに。



「…なぁ。」

「ん?」

「腹へった。」

「…は?」

「だから…」

「いや、腹へったってのはわかったけど…なんで急に?」

「野球の練習で疲れたんだよ。なんか食いモン持ってねぇ?」

「あー…ごめん、ない。」

「チッ…使えねーヤツ。」

「ちょ、酷くない?!…あ、そうだ!もうすぐオレの家だし、寄っていけば?なんか作るし。」

「…お前、料理できんの?」

「これでも料理と裁縫は得意なんですー!」



あぁ、そうか。
そういえば横断幕縫ってたな。忘れてた。
それに、いつも弁当うまそうだしな。
…アレ、コイツが作ってたのか。



「ふーん。」

「で、寄ってく?」

「ん。まともなのが食えるなら、な。」

「お前のためなら何でも作る!!!(超笑顔」

「………。」

「…なんだよその呆れたような目は!」



そりゃ呆れもするって。
いきなり叫びだすし。
何がそんなに嬉しいんだよ。



「…ハァ…。」

「ため息?!」

「黙れバカ。うるさい。」

「バカはないだろバカは!作ってやるんだから感謝くらいしなさい!!」

「めんどい。」

「お前はどこぞのメガネヤローか!」

「は?」



…メガネヤロー?誰だソレ。



「ほら、あの…花井とおそろいのニット帽かぶってて、よく花井に会いに来るヤツだよ!」



…ん?花井に?

……………あぁ!アイツか!



「あのもっさりメガネ!」

「そう!」

「アイツ、ホントよく来るよなー…」

「うんうん。」

「そんなに会わなきゃ駄目かよ…。」

「んー…ま、人によって違うだろうけど…オレは、毎日でもお前に会いたいよ♪」

「お前には聞いてない。」



コイツはなんでオレが言えないようなそういうことを軽々しく言えるんだよ…

兄貴にも『もっと積極的になれ!』って言われたけど…
オレの性格考えろよ!積極的なんてありえねェだろ?!



「…っと、話違う方向行き過ぎ。…えっと…あ、何食べたい?」

「別になんでも。」

「何か言ってくれないと作れないんですけど…:;」

「だからなんでもいいって。」

「そう言われてもなー…ホントになんでもいいのか?」

「…じゃあ、ハンバーグ。///」



あー…言っちまった…///
高校生がハンバーグ好きってやっぱ子供すぎるかな…



「よし!ハンバーグな!!」

「…え、作ってくれんの?」

「なんだよ。お前がハンバーグがいいって言ったんだろ?」

「あ、まぁ…」



もっとバカにされるかと思った…



「…それにしても、ハンバーグが好きなんて可愛いなー♪」



なっ…!!
やっぱりバカにしやがった!!!



「別に好きじゃねぇよ!!!」

「素直じゃないなー…ま、そんな可愛いところも含めて大好きだけど♪」

「…?!」



な、何言ってんだコイツ!!///



「あれ?言ってくれないの?」

「な、何をだよ!///」

「ん?『オレも好き』って♪」

「言うかバカ!!!///」

「えー…悲しいなー…悲しすぎてオレ、このままだとハンバーグ作れないよー…」



……今、コイツを『ウザい』と思ったオレは、間違っているだろうか。
…いや、間違っているわけがない。



「…言わないからな。」

「いいのー?ハンバーグ食べれなくなるよー?」



ウザい。果てしなくウザい。ウザすぎる。
オレが言えないのわかっててコレだからタチわりぃ。

…でも、このまま何も食べずに帰るのもちょっとな…



「んー?」



チッ…しょうがねぇ。



「…おい。」



そう言ってオレは、コイツの服の裾を引っ張って屈ませた。





「オレも、お前が、好きだ。///」

(…泉。)
(何?)
(親に今日泊まるって電話しとけよ。)
(なんでだよ。)
(いいから。)
(えー…)
((こんな可愛いのに、堪えられるヤツがいるかよ。しかも暑さのせいもあってかなり顔赤いし。))




Close・・・↑

スポンサーサイト

THEME | GENRE アニメ・コミック |
駄文(小説) | CM : 0 - | Top▲

COMMENT LIST

自分から降りたって 部を辞めたっていいんだ そう……しなきゃダメって わ……わかってたのに オレ マウンド 3年間ゆずらなかった! 
浜泉に見えない浜泉。
逆(泉浜)に見えるかも…
…嫌だな泉浜とか。
泉は総受けなんだから!!(←

浜ちゃんがおかしい。
…いつものことか。(ゑ

9割ぐらいが会話です。

先に謝っときます。
ごめんなさい。








青い、空。
一片の雲もない、真っ青な空。
オレの心も、こんな風に晴れてたらいいのに。
そうしたら、不安にならなくてすむのに。

余計なことばかり考えてしまうオレは、やっぱり君に依存してる。



「…どう思う?」

「どうって言われても…」

「オレは、お前が大好きなんだよ。」

「…知ってる。」

「大好きだからこそ、不安になるんだ。
お前がいつオレの目の前からいなくなるか、側にいてくれなくなるか、とか…」

「…うん。」

「…野球をしてるお前が一番好き、だよ。オレは、ずっと、高校行ってもお前と…っ…野球ができると思ってた…っ…!」



いつの間にか、涙を流していた。



「…うん。」

「なのに…っ…なのに!
オレは…っ…肘を、壊して…野球が、できなく、なって…っ!
悲しかった!悲しかったよ!
でも!そのせいで…っ…お前と、一緒、に、いられなく、なったことの、方、がっ、悲し、かった!辛かった、よ…っ…!」

「っ…わかったから、もう泣くな。」

「…っ…」

「あの時は、オレも辛かった。
でも、今は一緒にいるだろ?望んでいた形じゃないかもしれないけど、側にいるだろ?」

「うん…。」

「だから、心配すんな。オレは、お前から離れていかねぇよ。
お前が嫌だって言ってもずっと、な。」

「っ…オレが、嫌なんて言うわけ、ないだろ…っ…」

「ははっ。確かにな。…大好き、なんだもんな。」

「うっ…」

「違うのか?」

「違わない、けど…」

「ならいいじゃん。」

「あ、うん…。」

「…泣きやんだか?」

「うん、多分…。」

「何だよそれ。(笑」



大好きな人と一緒にいれる、それ以上に幸せなことなんてないんだよ。
君がどれだけ苦しんでいても、必ず側にいて支えてあげるよ。

いつも、『ありがとう』。
これからも、『よろしく』。

Close・・・↑


THEME | GENRE |
駄文(小説) | CM : 0 - | Top▲

COMMENT LIST

だってさ ずっと一緒だったのに  転校までしちゃって お前一人でさみしくねーのかよ! 
浜泉のつもりです。







桜を見ると、高校に入ったことを嫌でも実感させられる。

アイツと離れて、オレはこれからどうすればいいんだろう?
アイツがいない世界なんて、考えたことなかった。


『卒業おめでとうございます。』

桜の花びらが散る木の下で、笑顔でそう言ってくれた君に、

『ありがとう。』

そっけなくしか返事できなかった。


ごめんな。
離れるのが怖くて、君の顔を見ることができなかったんだ。

ごめんな。
歳が違うんだから、こうなることはわかっていたのに。

それでもオレは、君が好きだよ。

たとえこの先、君が誰を好きになろうとも、
オレはずっと、君を想ってるから。



  フワッ…━━━━━

花びらが一枚、散った。



「あ…」



こんなに綺麗な桜でも、いつかは散ってなくなってしまうんだ。
…オレのこの想いも、いつかなくなってしまうのかな。

君が愛してくれた分も、オレからは何もしてあげられなかった。



「好きだよ、泉…好き…」



いつも、オレが『好き』って言うと、少し赤くなった顔をこっちに向けて

『オレも好きですよ。』って笑って返してくれた。


もうそんなこともなくなるんだな…
オレの側に、アイツはもういない…
そう思うと、なぜか涙がこぼれそうになった。



「ここまで依存してるなんてな…」



一枚、また一枚と桜の花びらが散っていく。



「来年の春には、アイツも高校生か…」



名前も知らないヤツと笑いあって、そのうちオレのことなんて忘れてしまうんだろう。

もしもアイツが泣きそうな時は、すぐに駆けつけて『大丈夫だよ』って言ってあげたい。
オレは、君が何よりも大事だから。


もう、会えなくなるんだろうな。
いつかもう一度、君に会いたい。
その時は、笑って『好きだよ』って言えるかな。



「会いたいよ、泉…会いたい…」



真っ青な空に、手をのばす。

今すぐこの手で、抱きしめてやりたい。



「一年の差が、こんなに辛いなんて思わなかったな…」



誰でもいい、アイツに会わせてくれ。
アイツの顔を、一目見させてくれ。
一度でいい、抱きしめさせてくれよ。


好きなんだ…お前が…
大好きなんだよ…








…あの、ホントすいませんこんなんで。

Close・・・↑


THEME | GENRE アニメ・コミック |
駄文(小説) | TB : 0 | CM : 0 - | Top▲

COMMENT LIST







| HOME |


プロフィール

黒峰 光

Author:黒峰 光
【好きなキャラ】

★おお振り
1.泉孝介
2.田島悠一郎
3.水谷文貴

★REBORN
1.スパナ・ベル
2.雲雀恭弥
3.マーモン

★テニプリ
1.幸村精市
2.宍戸亮
3.甲斐裕次郎

★D.Gray-man
1.デビット
2.神田ユウ
3.ティキ・ミック

★NARUTO
1.日向ネジ
2.デイダラ
3.サソリ

★BLEACH
1.朽木白哉
2.日番谷冬獅郎
3.檜佐木修兵・市丸ギン

★HUNTER×HUNTER
1.クラピカ
2.イルミ=ゾルディック
3.シャルナーク・ヒソカ

★銀魂
1.沖田総悟
2.高杉晋助
3.河上万斉

★戦国BASARA
1.風魔小太郎
2.猿飛佐助
3.竹中半兵衛

★ひぐらしのなく頃に
1.古手梨花
2.北条沙都子
3.竜宮レナ

★封神演義
1.太上老君
2.黄天化
3.普賢真人

★テイルズ(アビス)
1.ガイ
2.シンク
3.アッシュ

★ケロロ軍曹
1.クルル曹長
2.ギロロ伍長
3.ドロロ兵長・ガルル中尉

★ヘタリア
1.アーサー=カークランド(英)
2.アントーニョ=フェルナンデス=カリエド(西)
3.フランシス=ボヌフォワ(仏)

  etc…

最近のトラックバック
訪問者
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。